走ること。食べること。読むこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

なぜ走るのか

なぜ走るのか。

趣味でランニングをしているとよく耳にする質問だ。

ランニングはつらいもの。わざわざすることではないのが一般的だと思う。

 

自分はなぜ走るのか。

たぶん楽しいからだ。

身体を思いのまま使い自由に走っている瞬間。

自分の体が刀のように研がれていく感じ。

走り終わった後のやり切ったという脱力感。

 

 ここで"たぶん"と言ったのは楽しさがあるにも関わらず

走りたくない時があるからだ。 

というか、走りたくて走りに出る時なんてあるのだろうか。

 

 走らないと身体が気持ち悪い、身体が衰えていく気がする。

玄関から走りに出る自分はとても心配性だ。

 

 でも走り出したら、身体が勝手に動き出す。スピードが上がる。

とても楽しくなる。

 

なぜ走るのか。

①心配性の自分に玄関から出される。

②走り出したら身体が勝手にノリ出す。

 

日常的に走ることに理由はないのかもしれない。