走ること。食べること。読むこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

練習時間について。

時間は有限だ。

このことに最近まで気が付かなかった。

人生に使える時間は限られているのだ。

 

一週間のうち、練習に使える時間は何時間あるだろうか。

一人暮らしや仕事があると、練習に好きなだけ時間を

使うことは難しい。

1日に2、3時間も練習に時間を使うことはできないのだ。

そうしたらどれだけの時間を練習に使えるのか?

 

平日に30分、休日に1時間を捻出したとして

一週間なら4.5時間、1か月なら18時間だ。

1か月間の割合で見てみよう。

1か月の練習時間の割合は18/744=2.4%

どうにか捻出したのに2.4%しかない!

さすがに少なすぎやしないだろうか。まともに練習できている気がしない。

十分走ってるって? だめだ今より速くなりたいのだ。

 

この状況を打開するためにも

①時間を増やす。

②短時間で効果の高い練習をする。

ことを考える必要がある。

 

「通勤を徒歩から自転車にしたら往復で20分作れるぞ。」

「残業やめよう。」

「短時間で効果を上げるなら坂道ダッシュか?」

色々思いつくはずだ。

 

今の状況に甘んじて、少ない時間でなんとなく練習していてもだめだ。

考えろ。

時間を作り、高密度にするのだ。

それがいつか結晶になるはずだ。