走ること。食べること。読むこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

ファンはシリアスへ。

趣味で走っているランナーは2種類に分けられる。

ファンランナーかシリアスランナーかだ。

今回はシリアスランナーに一度はなった方がいいという話。

 

自分はこれまで、シリアスランとファンランの両方を行ってきた。

 部活の陸上では速くなるために、社会人のトレイルラン、マラソンは楽しむために走ってきた。

そして今はサブスリー達成のために走っている。

 

ファンランナーとシリアスランナーの違いは、速くなるためにトレーニングし考えることをやったかやらないかだ。

 シリアスランナーのトレーニングすること、考えることは成長を飛躍的に促す。成長とは速くなることと走ることへの理解だ。

この成長は、ただ走ることをより楽しくさせる。シリアスなのに楽しいのだ。

ファンランだけでも楽しいが、それでは半分の楽しみしか味わっていない。

トレーニングと走りへの理解で得られるものは感動的なのだ。

 

趣味のランニング、どっちでもいいの確かだが、今はトレーニングすら楽しい。部活の時には無かった感覚だ。

ファンランナーは、一度シリアスランナーになり自分の走りと向き合ってほしい。

 

 

ここまではファンランナーに対して書いてきた。

シリアスランナーにはこの言葉を送ろう。

 

「走りを楽しめているか?」