走ること。食べること。読むこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

苦痛について。

魔法が解けた。

どこまでも行けそうな、なめらかな足取りは

燃料切れの車のように反応しなくなっていた。

みるみる減速していく。

集団は遠くなり、追い抜いたランナー達が次々抜いていく。

「ここが踏ん張りどころだ!」気持ちを込めるが

重くなった足ではそうも続かない。

5分/kmを超えたとき サブスリーは無理だと思ってしまった。

可能性がないと気づいた時、身体は全く動かなくなる。

そこからレースでなくなった。

 

次々と追い抜かれていく中で思う。

これ以上走っていて意味があるのか?だらだら走っていても怪我するだけじゃないのか?それより練習が足りなかった?調整ミス?ペースが速すぎたんだ!巻き返せる?走れ!前のランナーについていけ!足が痛いんだ無理だ!!

 

走ることの最も苦痛な瞬間は間違いなくここだ。

心身共に最悪状態だからだ。

久々に味わった。攻めて走るとこうなる。だけど必要なのかもしれない。

現に練習メニューを見直している。練習のモチベーションも上がった。

挑戦には失敗がつきものだ。そこからどうするかだ。

 

memo

・JOG走行距離を延ばす。(最重要!)

・疲労抜き(重要!)

・4m35s/km(E)でのJOG

・3m49s/km(T)での閾値向上(20min走)ポイント練習な!

・筋トレ

・大会エントリ