走ること。食べること。読むこと。

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

走らなくなること

ブログの更新と同時に走らなくなってしまった。

忙しい。

帰っても走る気になれない。

 

こういう時期がたまにある。動くためのエネルギーが枯渇している感じだ。

出ることが楽しみな大会がないってのも影響しているかもしれない。

ブログも大会を最後にかいていない。

サブスリーへの練習もどこへやら。

ふらふら帰り道を

歩くだけの

毎日だ。

 

ランニングをやめたのと同時に

読書も、自炊も、勉強も止まってしまった。

明日が嫌で、寝不足になり、頭もぼやけている。

ランニングが止まりだしてからの悪循環がひどい。

走るべきだった。

 

それとも走りたくなくなったのか。

忙しくなければ走っていたのか。

 

村上春樹の本に今の自分に刺さる言葉があった。

「もし忙しいからというだけで走るのをやめたら,間違いなく一生走れなくなってしまう。走り続けるための理由はほんの少ししかないけど,走るのをやめる理由なら大型トラックいっぱいぶんはあるからだ。僕らにできるのは,その「ほんの少しの理由」をひとつひとつ大事に磨き続けることだけだ。暇を見つけては,せっせとくまなく磨き続けること。」

 

走っていたときは何とも思わなかった言葉だ。

走れていたから。

忙しさを理由に走っていない今では衝撃的な言葉だ。

少しで良いから磨き続けようと思う。

 

そう思ってランニングについて検索していたら

UTMFのエントリーが10/16に始まると知った。

 

求めよさらば与えられん

 

走る理由が与えられた。

当選するかはわからない。

だけど、磨こうと思う。

少しだけ元気が出たから。

 

 

inov-8 CUP 第7回 美ヶ原トレイルラン

泥 泥! 泥!!

ペース配分に問題あり、備忘録として残しておく。

 

続きを読む

心拍数という判断基準

今日は身体の調子がいいな。

最近は身体がだるいなぁ。

人は無意識にでも身体の調子をみて、体調を判断しているはずだ。

この自身の体調をみることは、運動をする上でも非常に重要だ。

 

日常生活で体調をみて無理をしないのと同様に

練習でのオーバートレーニング

レースでのオーバーペースを防ぐことができるからだ。

逆に身体をギリギリまで攻めることだってできる!

 

体調は自分の感じ方で判断してもよいが

安定した判断ができないのでおすすめしない。

おすすめは「心拍数」をみることだ。

 

なぜ心拍数なのかというと

心拍数から「運動強度」や「疲労」を数値化できるからだ。

数値化できれば判断と管理が行いやすくなる。

心拍数、体調、運動 のキーワードで研究論文がわんさか出てくるから

詳しくは探してみてほしい。

 

心拍数をモニタリングする上で

重要な値が2つある。

・最大心拍数(HRmax)  :激しい運動時の最大の心拍数

・安静時心拍数(RHR):寝ている時の心拍数

自身の心拍数の最少と最大だ。※どちらも1分間の値

この2つから「運動強度」と「疲労」をみることができる。

 

最大心拍数から運動強度をみる

方法はいくつがあるが最大心拍数の何%で運動するかで

運動強度を判断する。

最大心拍は一般的に(220-年齢)で求めることができる。

65~78%HRmaxで楽にしゃべりながら走れる強度だ。

(Daniels' Running Formula 著Jack Daniels より)

 

安静時心拍数から疲労をみる

朝起きたときの心拍数の上り幅から疲労を判断する。

安静時心拍数は人により異なるためデータ取りが必要。

心拍数が安静時心拍数より5高い場合は、疲労があると判断してよい。

 

 

心拍数は指で脈を計ることで求めることもできるが

心拍計を使う方が簡単でデータ化しやすい。

腕時計に心拍計機能がついているものがあるので買うことをお勧めする。

 

心拍数は判断基準だ。

なんとなく判断していたことが明確に判断できるようになる。

それは行動の理由にもなる。明確な理由があれば人は強くなれる。