走ること。食べること。読むこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ること。食べること。読むこと。

走って、食べて、本を読む。その中で伝えたいことをかく

パーフェクトマイル 1マイル4分の壁に挑んだアスリート

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

1マイル走(1609m)を4分切ることはできない。

医者は自殺行為といい、エベレスト登頂、南極点到達よりも難しいとされていた。

しかし男たちは走った。限界を打ち破るために。

 

3人のアスリートによる4分への挑戦、アマチュアとプロ、トレーニング方法の進歩 、コーチング、潜在意識と思い込み、パーフェクトマイル(頂上決戦!)

読みどころが多すぎて楽しすぎる。限界を破りたいすべての人に最高の一冊。

陸上をやっていたが1マイル走というものがあるとは知らなかったし

1マイル走にこんなにも熱くなれるドラマがあったとは・・・

1マイル4分の壁に対する当時の世界の熱狂ぶりが凄まじい。

ボルトの100mより注目度が高かったのでは?と思ってしまう。

 

物語の主役はジョン・ランディ(豪)、ロジャー・バニスター(英)、ウェス・サンティー(米)の3人。 この3人の境遇や練習方法、考え方がそれぞれ違っているが、3人ともヘルシンキ五輪での雪辱から4分の壁に挑んでいるのがよい。面識のなかった3人が同時期にライバルとなり互いを意識し、誰よりも先に4分を超えようとする。

 

誰かがするのを見ることで、自分もできるようになる。ってのがこの本でよく言われていることだけれども、それよりもアマチュアによる挑戦が熱い。

彼らは大学生で勉学の傍ら、記録に挑んでいる。練習が深夜だったり、一日45分という短さで行われたりする。しかしその中で最大限自分を追い込んでいるのだ。

市民ランナーとして学ぶべき点が多い。忙しさは言い訳にならない。

3人ともがスポーツ、走ることは自律である。人生と競技は同じであると言っていることが印象的だ。

 

このタイミングでこの本に出合えたことに感謝する。

 

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

苦痛について。

魔法が解けた。

どこまでも行けそうな、なめらかな足取りは

燃料切れの車のように反応しなくなっていた。

みるみる減速していく。

集団は遠くなり、追い抜いたランナー達が次々抜いていく。

「ここが踏ん張りどころだ!」気持ちを込めるが

重くなった足ではそうも続かない。

5分/kmを超えたとき サブスリーは無理だと思ってしまった。

可能性がないと気づいた時、身体は全く動かなくなる。

そこからレースでなくなった。

 

次々と追い抜かれていく中で思う。

これ以上走っていて意味があるのか?だらだら走っていても怪我するだけじゃないのか?それより練習が足りなかった?調整ミス?ペースが速すぎたんだ!巻き返せる?走れ!前のランナーについていけ!足が痛いんだ無理だ!!

 

走ることの最も苦痛な瞬間は間違いなくここだ。

心身共に最悪状態だからだ。

久々に味わった。攻めて走るとこうなる。だけど必要なのかもしれない。

現に練習メニューを見直している。練習のモチベーションも上がった。

挑戦には失敗がつきものだ。そこからどうするかだ。

 

memo

・JOG走行距離を延ばす。(最重要!)

・疲労抜き(重要!)

・4m35s/km(E)でのJOG

・3m49s/km(T)での閾値向上(20min走)ポイント練習な!

・筋トレ

・大会エントリ

ファンはシリアスへ。

趣味で走っているランナーは2種類に分けられる。

ファンランナーかシリアスランナーかだ。

今回はシリアスランナーに一度はなった方がいいという話。

 

自分はこれまで、シリアスランとファンランの両方を行ってきた。

 部活の陸上では速くなるために、社会人のトレイルラン、マラソンは楽しむために走ってきた。

そして今はサブスリー達成のために走っている。

 

ファンランナーとシリアスランナーの違いは、速くなるためにトレーニングし考えることをやったかやらないかだ。

 シリアスランナーのトレーニングすること、考えることは成長を飛躍的に促す。成長とは速くなることと走ることへの理解だ。

この成長は、ただ走ることをより楽しくさせる。シリアスなのに楽しいのだ。

ファンランだけでも楽しいが、それでは半分の楽しみしか味わっていない。

トレーニングと走りへの理解で得られるものは感動的なのだ。

 

趣味のランニング、どっちでもいいの確かだが、今はトレーニングすら楽しい。部活の時には無かった感覚だ。

ファンランナーは、一度シリアスランナーになり自分の走りと向き合ってほしい。

 

 

ここまではファンランナーに対して書いてきた。

シリアスランナーにはこの言葉を送ろう。

 

「走りを楽しめているか?」